コンテンツタイトル 医療法人財団 アカシア会のお知らせ

2014.01.14

GH「アカシアの家」開設10周年

2003年7月に開設したグループホーム「アカシアの家」が昨年で10周年を迎え、

昨年12月15日に『グループホーム「アカシアの家」開設10周年記念講演会』を行いました。

たくさんの方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。

節目である10周年を祝うとともに、「その人の生活と人生をつないで」というスローガンを胸に、

新たなスタートを切ることができました。

 

記念講演会の様子を写真でお楽しみください。

 

オープニングセレモニー

 

1.生花パフォーマンス   辻 華水 さん

 

大正元年・東京の大塚に生まれる・101歳・本名 辻花子・松風華道師範。

72歳松屋デパート出品と毎年多方面に出品・クリニックふれあい早稲田の玄関に開設当初から今日まで毎週欠かさず花を活けつづけている。

 

 齢重ね  いけられし花りんとして  あつき心の命かがやく(花子さんを語る抜粋・寺田黎)

 

akashiahouse10th_001

 

 

2.書道パフォーマンス    木村 享子 さん

 

「風縄書屋」主宰者で国際的に活躍している書道家。

東京都青梅市在住。御岳山を望む山間のアトリエで作品を書き続けている。43歳で夫と死別、自分を見つめ直し手「1字書」の力強い作風を作り上げた。作品が評価され、ドイツで現地の人に書を教えるワークショップを10年にわたって開いている。人に教え、自分も学び喜びの中で今も人間としての成長が続いているという。

 

akashiahouse10th_002

 

 

3.クラシックギター演奏   池田 宏里 さん

 

東京都府中市出身。8歳よりギターを池田司氏に師事。

13歳でコンセール・アミ音楽コンクールにて初のギターでの入賞を経て、1977年同公演にて「明日の星」として参加。15歳でソロデビュー。8弦ギターを駆使してピアノ曲から管弦楽曲までギター一本で弾きこなす。

 

akashiahouse10th_003

 

 

記念講演会 『認知症の人の声に耳を澄ませて』   講師:永田 久美子 先生

司会:大場敏明(アカシア会理事長)

あいさつ:日本認知症グループホーム協会副代表 宮長貞男 様

 

永田久美子先生プロフィール(認知症介護研究・研修センター研究部副部長)

略歴・千葉大学大学院看護学科研究科修了。

学生時代から地域や病院、施設で認知症の人と家族を支援する活動と研究を続けてきている。東京都老人総合研究所を経て、2000年8月から東京センターへ勤務。

認知症の人と家族、地域の人がともに安心して自分らしく暮らしていくことをテーマに、認知症の人の生きがい支援、センター方式を生かしたチームでの支援、市町村ごとの特徴を生かした支え合いの町づくりに取り組んでいる。

 

akashiahouse10th_004